住宅ローン控除を受けたいなら確定申告が必須!

模型

マイホームを購入する際に活用する住宅ローンですが、利用する費用が高いと返済も厳しくなっていくでしょう。しかし、確定申告をすることにより、住宅ローンは控除が受けられるので是非、確定申告を行っておいた方が良いと言えます。

みんなの声

個人で確定申告をしたのははじめてで緊張しました

九州でサラリーマンをやっていますが、住宅をエコ住宅にすればいろいろな優遇措置を利用できることがわかりましたので、マイホームを購入しました。エコ住宅にしたおかげで、住宅ローンもフラット35で組むことができました。金利も安く済みましたので、返済計画も無理のないものにできました。また、住宅ローンを組んでいると税金の控除を受けることができます。サラリーマンは基本的に年末調整で税金が還付されますので、確定申告を行うことはありません。しかし、住宅ローンの控除を受けるためには、その1回目は税務署に確定申告をしなければなりません。税務署から書類をもらって、必要な書類を揃え、確定申告書を提出しました。個人で確定申告をやったのは初めてでしたので、とても緊張しました。
(30代・男性)

確定申告は税務署の人がサポートしてくれます

念願のマイホームを購入することができましたが、ご多分にもれず住宅ローンを組みました。頭金はそれなりに蓄えていましたが、やはりそれなりの金額のローンを返済することになりました。とにかく活用できる制度はすべて利用するつもりで、いろいろと調べました。県産材木の安売りにも応募したほどです。住宅ローンも政府系の金融機関から、低金利のローンで借入れをすることができました。さらに、10年間は税制面でも控除を受けることができます。それに際しては、最初に確定申告をしなければなりません。サラリーマンですので確定申告書を作成したことはありませんでしたが、税務署の人がサポートをしてくれます。申告期間中は、土日も相談会を開催してくれますので、いろいろと利用して無事に申告できました。
(40代・男性)

広告募集中